老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

アントシアニン

目にいい成分として代表的なアントシアニン。ブルーベリーやビルベリー、カシス、紫いもなどに多く含まれています。でも、アントシアニンがなぜ目に良いか、詳しいはたらきや効果を知らない人も多いのではないでしょうか。こちらではアントシアニンがどのように老眼にはたらきかけるのか、分かりやすくまとめました。

アントシアニンの効果・効能

活性酸素を除去して眼病予防

アントシアニンは強い抗酸化作用をもつ成分です。紫外線ダメージを受けやすい目の中の水晶体の酸化を防いで、ダメージを軽減。さらに、網膜の細胞を傷つける活性酸素を除去することで、「加齢性黄斑変性症」や「白内障」といった老化にともなう眼病を予防してくれます。[注1]

視覚情報の伝達をたすけて視力低下を予防する

アントシアニンには視覚情報の伝達をサポートするはたらきがあります。

これはアントシアニンのロドプシンの再合成を促す作用によるもの。ロドプシンは目の網膜にあるたんぱく質で、目に入る光に反応して分解され、電気信号となって脳に情報を伝達します。このはたらきのおかげで、私たちは物を見ることができるのです。

ロドプシンの再合成スピードは目の使い過ぎや加齢にともなって低下。脳に情報を伝達するのが遅くなり、物が見えにくくなってしまいます。アントシアニンはロドプシンの再合成を活性化することで、視力低下を予防してくれるのです。[注1]

ピント調節をサポートして眼精疲労を和らげる

ロドプシンの再合成を促すアントシアニンには「目のピント調節をたすける作用がある」という報告もあります。視覚機能を改善して焦点を合わせやすくすることで、物をはっきりと見れるように。さらに、眼精疲労の軽減にもつながります。[注2][注3]

アントシアニンの安全性・副作用

健康被害につながるような副作用は報告されていません。また、さまざまなアントシアニンの研究においても危険性を示す結果はなく、安全性は問題ないと言えるでしょう。

アントシアニンの摂取目安量

水溶性のため体内に残りにくく短い時間で効果が消えてしまうため、1日に多く摂取するのではなく、毎日続けて摂取することが大切です。[注2]

アントシアニンが含まれている食材として有名なブルーベリーでも、例えば40~90mgのアントシアニンを摂取しようとすると60~300g必要です。デザートにブルーベリーや乾燥ブルーベリーを食べたり、ブルーベリージャムを使ってみたりして、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

効率のいい摂取方法

両手いっぱいでも足りないほどのブルーベリーを毎日食べ続けるのは大変…。不足しがちなアントシアニンを補うためには、アントシアニン配合のアイケアサプリを活用するのがおすすめです。

アイケアサプリにはブルーベリーから抽出したブルーベリーエキス、またはビルベリーから抽出したビルベリーエキスが使用されています。北欧で採れるビルベリーは、ブルーベリーよりもアントシアニンを多く含んでいるのが特徴です。ぜひ、ビルベリーエキスが入っているかどうかに着目してサプリを選んでくださいね。

老眼が気になるなら「アントシアニンを摂って眼病予防」

強い抗酸化作用をもつアントシアニンは、加齢にともなう加齢性黄斑変性症や白内障などの眼病予防に効果的です。さらに、「視覚情報の伝達をたすけて物を見えやすくする」「目のピント調節を改善して、眼精疲労を和らげる」といったはたらきもあります。

老眼を改善するためには欠かせないと言っても過言でないアントシアニンですが、毎日必要な量を食事から補うのは難しいもの。アントシアニン配合のサプリを上手く活用して、不足しないように心がけましょう。また、老眼が気になるなら目のコントラスト感度を正常にする「ルテイン」や「ゼアキサンチン」も一緒に摂るのがおすすめです。コントラスト感度を改善することで、物がくっきりと鮮明に見えるようになりますよ。

参照元サイト一覧

[注1]…山田養蜂場のみつばち健康科学研究所:アントシアニンが、ロドプシンの再合成をサポート
[注2]…機能性表示食品の届出情報検索:様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)
[注3]…機能性表示食品の届出情報検索:様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)