老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

ルテイン

ほうれん草やカボチャ、ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれるルテイン。人間の体内には主に目の水晶体や網膜に存在しており、網膜中心部の「黄斑」の主要な構成物質です。こちらでは、ルテインが老眼改善に効果をもたらすのかを調査しました。

ルテインはなぜ目に関係すると言われているのか

ルテインとは

目に良い影響を与えることが期待されているルテイン。ルテインはカロテノイドの一種で、黄色・オレンジ・赤色の脂溶性色素です。

ルテインはヒトの体のなかにも存在しています。乳房、子宮、皮膚に多く存在していますが、そのなかでも注目すべきなのが目の水晶体と黄斑部です。目の主要なカロテノイドはルテインとゼアキサンチン。この2つが目で重要なはたらきをしています。

ルテインは、紫外線による目へのダメージはもちろん、テレビ・パソコン・スマートフォンから発せられるブルーライトによるダメージにも対応。このように目に関係する能力を持っていることから自然のサングラスと呼ばれているのです。

なぜ注目されている?

ルテインはもともと体のなかに存在する成分ではあるのですが、目に効果を発揮する成分として再注目されています。これはルテインが体のなかでは作り出せない成分であることが関係しているといえるでしょう。ルテインは体のなかに存在する分がどんどん減っていくものの、自分で生成できないというデメリットがあるので摂取するしかないのです。

ルテインは人間の体内に以外にもいろいろな動植物に含まれています。ルテインが存在する食品もありますが、ルテインの含有量がそれほど多くありません。

「食事でルテインを摂取できるのでは?」と感じる人もいるかもしれませんが、そうするとたくさんの量の食事を摂らなければならなくなるでしょう。ルテインを食事から摂取するというのは、とても難しいのが現実です。食事からの摂取が難しい分、サプリメントを活用する必要があります。

ルテインの眼病における研究

ルテインは目の病気に対しての効果を含め、さまざまな能力を備えていることが示唆されており、専門機関でも研究が進められています。

ケミンジャパン株式会社が公表したに内容では、医学・眼科関連の学会や研究機関などでもルテインに関する研究が盛んにおこなわれているということを公表しました。

眼科・複化学の国際学会であるARVO(The Association for Research in Vision and Ophthalmology)では、シカゴ医科大学のスチュワート・リッチャー博士が加齢性黄斑性症患者を対象としてルテインを使ったプラセボ対照実験を発表しています。

加齢黄斑変性症の患者90人を対象にルテインサプリメントと、ルテインに酸化防止剤のサプリメントの2種類を投与した場合の効果を測定。主に目の黄斑部における色素密度・レンズの混濁・加齢性黄斑変性症に関係する日常生活の活動について比較をおこないました。

その結果、ルテインサプリメントのみ、ルテインと酸化防止剤を使用したそれぞれの使用群では、12ヵ月で黄斑色素の密度が平均で50パーセント増加したのです。黄斑色素の密度増加は、目の酸化や光によるダメージなどから網膜を保護することが実証されています。このことから1年間ルテインを摂取したことによる目の改善と予防効果が示唆されたのです。[注1]

ルテインの効果・効能

目のコントラスト感度を改善する

物と背景をはっきりと識別する能力を「コントラスト感度」といいます。加齢によって視界がぼやけ、物と背景の境目がはっきりしなくなってくるのはコントラスト感度の低下が原因です。

ルテインを摂取してコントラスト感度を高めると夜間の車、歩行者、濃淡のはっきりしない模様、薄い色の文字といったぼやけやすいものが見えるようになり、視界が鮮やかに。これはケミンジャパン株式会社が発表したルテインとゼアキサンチンの科学的根拠に関する研究結果として掲載されています。[注2]

加齢性黄斑変性症を予防する

年齢を重ねると加齢性黄斑変性症を発症しやすくなります。加齢性黄斑変性症は網膜の中心にある黄斑が紫外線やブルーライトなどから受けたダメージによって視力の低下、目のぼやけを引き起こされる症状のこと。ルテインは黄斑を編成する主要の構成物質であり、強い抗酸化作用を持っているといわれています。

アメリカでNIH( National Institute of Health)がおこなったAREDS(Age Related Eye Disease Study)という大規模の臨床試験がおこなわれました。およそ4,000人の加齢性黄斑変性症の患者にルテインの摂取を5年間続けてもらい、どのような変化があったかを見るための実験を実施。この実験によると、ルテインを摂取した患者の加齢性黄斑変性の進行が26%減少したことが確認されています。[注2]

ブルーライトを吸収する

ブルーライトは主にテレビ、パソコン、スマートフォンから発せられており、目にとっては有害な光。目には見えないものの、ブルーライトに目をさらし続けると網膜がダメージを受けてしまいます。ルテインは目に有害な影響を与えるブルーライトの吸収が期待できる成分です。ブルーライトをカットすることで目の視覚機能が向上するといわれています。

ルテインは目の黄斑色素の密度に関係している成分です。黄斑色素がブルーライトをはじめとする有害な光をカットできるようになると、視覚回復の速度が速くなるといわれています。この結果はケミンジャパン株式会社が発表した研究結果にも掲載済みです。[注2]

ルテインの安全性・副作用

現在までに、重大な副作用は報告されていません。

唯一の被害事例は、60代の女性が2年間ルテインを含有するサプリを摂り続けたところ「柑皮症」を発症したという報告です。柑皮症とは、たとえばミカンを食べ過ぎたときに肌が黄色くなってしまう病気のこと。原因はカロテノイド色素の過剰摂取です。この女性はサプリの摂取を中止して、およそ2ヶ月で治癒しました。短期間で無事治癒したことから、軽い症状だったと考えられています。[注3]

ルテインの摂取目安量

1日あたり6~10mgのルテインを摂取すれば、充分な効果が得られると言われています。しかし、日本人の若年層におけるルテインの摂取量はわずか0.35mgという報告があり、摂取目安量に届いていません。[注4]

効率のいい摂取方法

脂溶性成分のため、油分と一緒に摂るとルテインが油のなかに溶け込み、効率良く体に吸収されます。ただ、1日あたりの摂取目安量である6mgは、ほうれん草60g分に相当する量です。食事で不足なく摂るのは難しいかもしれません。サプリメントをうまく活用して、不足分を補っていくのがおすすめです。

老眼が気になるなら「ルテインを摂って視界を鮮やかに」

「コントラスト感度を改善して、視界をくっきりと鮮やかにする」「老化にともなって起きる目の病気を予防する」など、嬉しい効果・効能を持つルテインですが、摂取量は不足しがち。ルテインが多く含まれる緑黄色野菜を食事に取り入れて、積極的に摂るようにしましょう。ルテインを含むサプリをあわせて活用すれば、不足の心配もありません。ぜひ検討してみてくださいね。

他にもあるルテインに関連する研究結果

ルテインに関するエビデンス

結論として、ルテインサプリメントの4.1mg/日及び20.5mg/日の長期連続摂取で、血中ルテイン濃度はそれぞれ3.5倍と10倍に増加した。また、摂取中止後25日目で摂取前のレベルに戻った。

引用:The Vitamin Society of Japan
「ルテインサプリメントの複数回摂取におけるルテイン、ゼアキサンチン及び3’ 一デヒドロキサンチンの血中動態」NPO法人日本国際生命科学協会・末木和夫
https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/80/1/80_KJ00004407380/_pdf/-char/ja

この研究は、ルテインサプリメントの摂取を通じ、ルテインを始めとした複数のカロテノイドの血中濃度を観察したもの。健常な被験者19名を3群に分け、1群に1日4.1mg、2群に1日20.5mgのルテインをそれぞれ摂取してもらい、3群を対照群(プラセボ群)として実験を行いました。ルテインサプリメントの摂取期間は42日間です。

実験の結果、引用で示した通り、1群と2群のルテイン血中濃度は、それぞれ3.5倍、10倍と著しい増加を確認。その一方で、他の種類のカロテノイド(リコピンやβカロテン、レチノールなど)の血中濃度は、有意な変化を示しませんでした。以上の結果により、ルテインは血中に溶け込みやすいタイプのカロテノイドであることが分かりました。

ルテインは、目の黄斑と呼ばれる網膜の中央部に存在する成分。強力な抗酸化作用により、目の網膜を守る働きがあります。特に加齢黄斑変性の進行予予防作用については、アメリカの学会でも日本の学会でも通説。ルテインの摂取によってその血中濃度が増加すれば、加齢を原因とする様々な眼病の予防効果が期待できるかもしれません。

ルテイン(マリーゴールド色素)に関するエビデンス

定性的評価の結果、「コントラスト感度」は「機能性について明確で十分な根拠がある」、「黄斑色素光学密度」、「視覚に関する QOL」、「グレア感度」は、「機能性について示唆的な根拠がある」と判定した。なお、「コントラスト感度」は 6~20mg/日、「黄斑色素光学密度」と「視覚に関する QOL」と「グレア感度」は 20mg/日の摂取量であった。

引用:雪印メグミルク株式会社(ルテインの機能性表示に関する説明資料より)
http://www.meg-snow.com/kinou/c364/pdf/C364_youshiki5.pdf

雪印メグミルク株式会社では、同社が販売する商品において「機能性表示」の信頼性の有無を確認するため、人を対象とした国内外におけるルテインの論文を精査。結果、引用のとおり、コントラスト感度や黄斑色素光学密度、視覚に関するQOL、グレア感度などにおいて「根拠がある」と判断しました。

ルテインに関する臨床試験は、世界中で多く行われています。それら試験の大半から「目の状態が改善する」との報告が上がっています。なお、ルテインによる目への作用のメカニズムについては、まだ研究の余地があるとされています。しかしながら、目に対する作用の存在については、おおむね確認されたと考えて良いのではないでしょうか。

ルテイン関連するぺージ

ルテインと目の関係とは?

ルテインを多く含む食品

ルテインとブルーライト

ルテインの副作用

ルテインの摂取量

ルテインと肝臓の関係

ルテインと加齢黄斑変性

ルテインと白内障

ルテインの入ったアイケアサプリ

参照元サイト一覧

[注1]…[PDF]FloraGLORルテイン含有製品が続々登場
[注2]…[PDF]機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠
[注3]…皮膚科の臨床 58巻8号(2016年7月):サプリメントの過剰摂取による柑皮症の1例
[注4]…[PDF]ルテインとその機能性