老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

ルテインと目の関係とは?

ルテインと目の関係とは?

ルテインが天然のサングラスと呼ばれる理由

「ルテインが目に関係している成分らしい」ということは耳にしたことがあっても、実際にどんな成分でどんなはたらきをするのかはっきりとはわかっていない方も多いのではないでしょうか。 ルテインは天然色素の一種で、人間の体のなかにもともと存在している成分です。皮膚や乳房、大腸など体のさまざまな部分ではたらきかけています。

そのなかでも一番多く存在しているのが水晶体や黄斑部(眼底の網膜のほぼ中心部分)などの目に関わる部分なのです。これだけ目の周りに多いといわれているルテインは、具体的にどのようなはたらきをしているのでしょうか。

まずひとつ目に、ルテインには活性酸素を抑える抗酸化作用があります。人間は酸化することで体が老化している生き物。それは目も同じで、酸化することで老化が進んでいきます。その老化の抑制にアプローチするのがルテインです。

ふたつ目が紫外線をはじめとする有害な光の吸収。人間はまぶしい時、または紫外線から目を守りたいときにサングラスをかけることがあります。パソコンやスマートフォンなどを見るときはブルーライト対策用のメガネをかける方もいることでしょう。紫外線とブルーライトは波長が短く、エネルギーがとても強い光で、目に入ると悪影響を与える可能性があります。

ルテインは紫外線とブルーライトの吸収にも一役買っているので、目の健康維持に欠かせない成分であると注目されているのです。

ルテインは継続した摂取が大切

「ルテインは目に困っている人のための救世主になる成分なんだ!」というのが分かっていただけたかと思いますが、「体のなかにもともとある成分なのだからわざわざ摂取しなくても良いのでは?」と考える方も多いことでしょう。確かにルテインは体内に存在する成分ですが、残念なことに年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまうのです。

しかも年齢を重ねることだけが原因となる訳ではなく、タバコを吸う方、紫外線を浴びやすい環境にいる方はルテインの消費スピードが早くなり、どんどん減少していってしまいます。悲しいことに、ルテインは体内で生成できません。どんどん減少する一方なのに自分の体の中で生成できない…。となれば、外から摂取するしかありません。

普段の生活で紫外線とブルーライトを意識しつつ、ルテインが多く含まれている食材の摂取やサプリメントの摂取などを欠かさず続けることが大事です。

体内のルテインが減るとどのような影響が出るの?

ルテインには抗酸化作用があり、紫外線やブルーライトなどの有害な光にパワーを発揮するといわれています。そのルテインが体の中から減っていくということは、反対に有害な光を体に直接受けてしまうということです。体の外だけでなく内側からも老化が進むことでしょう。目も例外ではなく、白内障や加齢黄斑変性などの目のトラブルにつながってしまうかもしれません。

ルテインと飛蚊症の関係

飛蚊症とは?

飛蚊症は、視界にゴミや虫のようなものなどが飛んでいるように見える症状です。目にゴミが入ったときのような状態に似ていますが、すぐに取り去ることはできません。

飛蚊症は、年齢を重ねることにともなう生理的な現象によるものと、網膜剥離、硝子体出血といった目の病気によるものの2つが主な原因です。加齢によって起きた飛蚊症は、眼球内の硝子体と呼ばれる部分が眼球の内側からはがれてしまうことで起きてしまいます。生理的な現象が原因であれば、大きな心配はありません。

気をつけなければならないのが、目の病気によっておこる飛蚊症です。網膜剥離とは眼球の内側にある網膜という膜がはがれる(剥離する)ことで視力の低下を招く状態のこと。網膜がはがれても痛みを伴わないので気付きにくいのですが、網膜剥離の前兆として飛蚊症があらわれることがあります。

硝子体出血は眼球の中に存在する硝子体が出血している状態です。透明性の高い組織ですが、出血を起こすことで透明性が落ちてしまいます。これによってゴミが浮いたようなものが目に見えるようになり、飛蚊症となるのです。目の病気が疑われる場合は眼科医に相談が必要になります。

ルテインと飛蚊症

眼科医で確認して飛蚊症が「老化によるものです」と診断されたとしても、目の前にゴミや虫のようなものなどがずっと飛んでいると気になってしまうものです。飛蚊症は老化のサインといえるので、まずは飛蚊症対策をおこないましょう。そのために力を借りたいのがルテインのパワーです。

ルテインのパワーにつけ足したいのがゼアキサンチン、ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンといった栄養素。ルテインと同じく目に対して力を発揮するので、ルテイン摂取の際に同時に摂り入れるようにしましょう。[注1]

ルテインと眼精疲労の関係

ルテインは眼精疲労にも力を発揮するといわれています。ルテインと眼精疲労にはどのような関係があるのでしょうか?

眼精疲労はなぜ起きる?ルテインと眼精疲労

眼精疲労の大きな原因は、目に入ってくる光(紫外線)によって受けるダメージです。太陽の光が降り注ぐなかに1日中いると、目が疲れてきたという経験はありませんか?これが紫外線によって起こる眼精疲労のひとつです。

紫外線によるダメージが蓄積すると、眼精疲労以外にも目の充血、視力低下といった症状が引き起こされる可能性が高くなります。ルテインは、紫外線を受けて疲れた目にもパワーを発揮します。紫外線によるダメージを受けた目にとって、ルテインは大切な栄養素となるでしょう。

パソコン・スマホのブルーライトとルテイン

今やパソコンとスマートフォンは、現代人にとって欠かせないツールとなっています。デスクワークをする方、スマートフォンでSNSを利用する方のなかには1日5時間以上画面に向かっているという状態も少なくないでしょう。

画面を見ていても普段は気付きにくいブルーライトですが、目に与える影響は大きいものとなっています。マウスを使った実験では、LEDブルーライトを当てられたマウスの網膜に浮腫が認められたそうです。[注2]

また、ブルーライトはほかの色に比べて波長が短いため、空気中のホコリやチリなどに散乱する性質をもっています。これによって人間の目には光の散乱やチラ月となって見え、ピントを合わせようとした目が筋肉を酷使するように。これがブルーライトによる眼精疲労につながります。

ブルーライト対策のために、ブルーライトカットされたサングラスやメガネなどを使っている方もいることでしょう。そこで併せて摂取したいのがルテインです。ルテインはブルーライトの抑制にも力を貸してくれます。普段からパソコン、スマートフォンを使っている方は、ぜひルテインのパワーを活用してください。

参照元サイト一覧

[注1]…[PDF]加齢黄斑変性とアンチエイジング
[注2]…[PDF]中程度 LED ブルーライト照射によるマウス網膜の変性について