老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

その他(ビタミンB群、βカロテン、ビタミンC)

普段の食事から何気なく摂取しているビタミンB群、βカロテン、ビタミンC。体内では重要な役割を担っている成分です。これらの成分が目にもたらす効果を調査しました。

ビタミンB群、βカロテン、ビタミンCの効果・効能

ビタミンB群(B1、B2、B6、B12など)

  • ビタミンB1・B2…疲労回復や神経機能維持、粘膜の健康維持を助けてくれる成分です。
  • ビタミンB6…タンパク質の代謝や免疫機能を高めてくれる効果があります。
  • ビタミン12…目のピント機能を向上させてくれます。そのほかには、タンパク質の代謝や免疫異能を高めてくれる効果も。

これらのビタミンB群が不足すると目の疲れを起こしやすくなるといわれているので気をつけましょう。

βカロテン

動物や植物に含まれているカロテノイドの一種であるβカロテン。摂取すると体内でビタミンAに変換されます。ただし、すべてが変換されるのではなく、必要な分だけが変換され、残りは肝臓に蓄えられるか体外へ排出されるとのこと。主に目の粘膜や皮膚の健康状態を保つのに役立つ成分です。

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用や免疫力向上する効果があります。他にも皮膚や目の粘膜も保護。ストレス性の眼精疲労を軽減し、充血を予防してくれます。

ビタミンB群、βカロテン、ビタミンCの安全性・副作用

ビタミンB群(B1、B2、B6、B12など)

過剰摂取すると手足のしびれや痛み、神経障害を引き起こす可能性があります。腎臓結石の原因にもなるので要注意です。

βカロテン

緑黄色野菜からβカロテンを摂取する際は必要な量しかビタミンAに変換されないので、過剰摂取しても体に影響はありません。しかし、肌が黄色くなる柑皮症になってしまうリスクがあります。1日の摂取量を守って摂取しましょう。

ビタミンC

ビタミンCを過剰に摂ってしまうと、腹痛と吐き気を引き起こす可能性があります。ビタミンCは水溶性のビタミンで水に溶けるため、必要以上の量は体外へ排出されるのが特徴です。しかし、1000mgを超えると、腹痛や下痢を引き起こす可能性があります。脱水症状という二次被害を起こす可能性があるので気をつけてください。

また、2000mg以上を摂取すると吐き気の原因となることも。体によいものとはいえ、1日の摂取量は守るべきです。

効率の良い摂取方法

ビタミンB群(B1、B2、B6、B12など)

ビタミンB群は、肉類や魚介類、野菜などに豊富に含まれている成分です。普段の食べ物で十分に補うことができます。ビタミンB6やB12は少量ですが、腸内細菌が作りだしてくれるのです。野菜だけではすべてのビタミンB群を補うのは難しいので、牛や豚、鶏なども積極的に毎日の食事に取り入れましょう。

βカロテン

βカロテンはカロテノイドの一種で、色の濃い食品に多く含まれています。たとえば、ニンジンやカボチャ、ほうれん草などです。吸収率を上げるためには、油脂と一生に摂取することが大切。生で食べるよりも炒め物にすることをおすすめします。

ビタミンC

ビタミンCは緑茶に含まれており、その量はレモンの3倍です。またブロッコリーもビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンCは体に蓄えられない成分なので、毎日適度に摂取することが大切です。