老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンはほうれん草やパプリカ、クコの実などに多く含まれるカロテノイドの1つ。また、食事から摂り入れたルテインが代謝によってゼアキサンチンに変化します。

人間の網膜の中心部「黄斑」に多く存在しており、ルテインと同じく、目の老化を予防してくれる成分です。老眼にどのような改善効果をもたらしてくれるのか、詳しく調べてみました。

ゼアキサンチンの効果・効能

コントラスト感度を正常にする

物をはっきり見る力のことを「コントラスト感度」と言います。加齢とともに視界がぼやけたり、暗い場所で物が見えにくくなったりするのは、このコントラスト感度の低下が1つの原因。ゼアキサンチンとルテインを一緒に摂取すると、目のコントラスト感度を正常にしてくれることが証明されています。[注1]

抗酸化作用で目の老化を予防する

ゼアキサンチンやルテインは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの1つです。さらに、ゼアキサンチンはルテインよりも抗酸化力が強く、目の老化を引き起こす活性化酸素を除去してくれます。加齢とともに発症率が高まる「加齢性黄斑変性症」を予防・改善して、視力が低下するリスクを軽減できるのです。[注2]

ゼアキサンチンの安全性・副作用

今までに、ゼアキサンチンの副作用は報告されていません。過剰摂取に気を付けていれば、安全性は問題ないと言って良いでしょう。通常の食事でゼアキサンチンを過剰摂取することはありませんが、サプリメントを用いる場合は1日あたりの目安量を守るようにしてくださいね。

ゼアキサンチンの摂取目安量

大規模な臨床試験によって、ゼアキサンチン2mgとルテイン10mgを一緒に摂ると相乗効果が発揮されることが分かっています。[注1]

効率のいい摂取方法

ゼアキサンチン2mgとルテイン10mgを一緒に摂れるサプリがおすすめです。どちらかだけでは、せっかくの相乗効果が得られません。別々のサプリで摂ろうとすると、ほかの成分を過剰摂取してしまう可能性があります。そういったリスクを避けるためにも、1つのサプリで両方の成分を摂れるサプリを選びましょう。

老眼が気になるなら「ゼアキサンチンとルテインを摂って相乗効果を」

ゼアキサンチンは、摂取目安量こそルテインより少ないものの、ルテイン以上の抗酸化作用を持つ重要な存在です。ルテインの効果を高めて、目の老化を予防・改善してくれます。「最近、視界がぼやける」「もしかしたら老眼かも…」という方は、ぜひゼアキサンチンとルテインと一緒に摂るようにしてくださいね。

参照元サイト一覧

[注1]…[PDF]機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠,2018年6月15日アクセス
[注2]…[PDF]ARED2とその研究結果がルテインとゼアキサンチンにもたらす影響