ロートV5ロート製薬

   

公式サイトへ>>

えんきんファンケル

   

公式サイトへ>>

ルテインc小林製薬

   

公式サイトへ>>

見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

やわた「メラックスeye」(機能性表示食品)

このページでは、八幡物産株式会社が運営している健康食品ECブランド「やわた」で取り扱われているアイケアサプリとして、機能性表示食品「メラックスeye」を紹介。サプリメントの特徴や魅力、口コミ評判、さらには八幡物産株式会社の会社情報などを多角的に解説しています。

メラックスeyeに関する口コミ・評判

口コミ・評判から読み解くアイケアサプリ「メラックスeye」

八幡物産株式会社のメラックスeyeについては、残念ながらあまりネット上で口コミや評判を確かめることができませんでした(2022年11月16日時点)。ただし、少ないながらも見つけられたメラックスeyeの利用者の口コミを確認すると、毎日1粒の摂取で構わないという気軽さに加えて、サプリ1粒あたりの大きさが小粒で調整されており、嚥下能力が低下している高齢者にとっても飲みやすさを実感しやすいといった評価が見つけられました。

また、自分のためではなく、ご主人など家族のためにメラックスeyeを購入している方もいるようです。

どんなサプリ?メラックスeyeの特徴

メラックスeye


引用元:やわた公式HP(https://www.yawata.tv/p/321800)

消費者庁に届け出られた機能性表示食品

メラックスeyeは、機能性表示食品として消費者庁へ届出がなされ、その申請が受理されている製品です。メラックスeyeにおいて機能性関与成分として届け出られているのは「ルテイン」であり、メラックスeyeには1粒あたり25mgのルテインが含有されています。

ルテインは人間の目の健康を維持するために必要な成分ですが、体内で合成することができないため、こうしてメラックスeyeのようなサプリメントや日常の食生活で外部から補充していくことが必要となります。

ルテインによって光ストレスから目をカバー

ルテインはマリーゴールドや緑黄色野菜など、自然の植物などに含まれている黄色の色素であり、ブルーライトや紫外線といった光刺激から目を保護する機能があるとされています。また、ルテインは自らの体内で合成できず、加齢と共に消費していく一方であり、ルテインが少なくなると目の健康に関するトラブルのリスクが増大してしまうでしょう。

その他、ルテインは目に入る光刺激や光ストレスから目を保護し、目の健康維持を下支えすることが知られています。

国際認証規格などを取得した環境で製造

メラックスeyeを製造するのは全てやわたの自社工場であり、原料受け入れから最終的な検査・出荷まで全工程をワンストップサービスとして提供しています。

そのため管理体制が充実しており、安心安全な作業環境の下でメラックスeyeが製造されていることは魅力的です。

その上、やわたの生産工場ではISO22000(2010年1月25日取得)やFSSC22000(2012年1月19日取得)といった認証規格も取得しており、客観的な目で信頼性が担保されています・

メラックスeyeを飲み続けることを考えよう

メラックスeyeは機能性表示食品として消費者庁へ届け出られているアイケアサプリですが、決して病気の治療を目的とした医薬品ではありません。メラックスeyeは飲むだけで目の病気やトラブルが改善すると期待できるものでなく、あくまでも長期的な継続摂取によって体内の栄養バランスを整えて、目を含めた全身で健康な状態を目指していこうとするアイケアサプリです。

そのため、メラックスeyeを長く飲み続けることが大切であり、まずは自分との相性を確認しておきましょう。

メラックスeyeの商品情報

商品名 メラックスeye
分類 機能性表示食品
原材料・配合成分 食用油脂(国内製造)、ビルベリーエキス粉末 / マリーゴールド色素、フィッシュゼラチン、グリセリン、増粘剤(ミツロウ)、植物レシチン(大豆由来)
価格 2,160円(メーカー希望小売価格)
※1粒あたり72円
内容量 330mg×30粒
1日あたりの目安量 1粒

メラックスeyeの販売会社

会社名 八幡物産株式会社
住所

鳥取県米子市二本木 498-2

設立 1975年9月4日