ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

老眼に良い食べ物とは?

年齢を重ねることによって起こる老眼。細かい文字が見えなくなることで日々の生活が不便に感じてしまうこともあるでしょう。老眼ではなくても、日々目を酷使している人にとって眼精疲労は大きな悩み。目の健康を食べ物で保つことができたら理想的ですよね。そこで、目に良いと言われている食べ物についてご紹介していきます。ぜひ日常の食生活に取り入れて、目の健康を保つようにしましょう。

目に良いとされている食品

日々口にしている食品には、さまざまな栄養素が含まれています。その中には目の健康を保つために役立ってくれるものもあります。

ほうれん草

ほうれん草には、ルテインやβカロテン、アスタキサンチンなど目の健康を保ってくれると言われる栄養素が含まれています。中でも注目されているのが、ルテイン。カロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持つ成分です。この抗酸化作用によって目の老化を防ぐという働きが期待されています。

また、ルテインはさまざまな光から目を守る働きも持っているため、積極的に摂取したい栄養素。体内で作り出すことができないため、ほうれん草を日常的に食べるようにすると良いでしょう。ちなみに、理想とされている摂取量を摂るには、2株程度食べるだけで良いため、おひたしなどにすることで楽に摂取することが可能です。

鮭には、抗酸化作用が非常に高いアスタキサンチンが多く含まれています。アスタキサンチンとは、赤い色の色素。そのため、いくつかある鮭の種類の中でもアスタキサンチンを最も含む「紅鮭」がおすすめと言われています。

アスタキサンチンの抗酸化力は、ビタミンCの約6000倍。この抗酸化力が目の新陳代謝を活発にし、血流を促すことで目の疲れを緩和。目の疲れを緩和することにより、ピントを調整する機能もスムーズに働くようになります。

パソコン作業や老眼で目の疲れを感じやすい人にもおすすめの食材です。

生の鮭を焼いたりすることで食卓に多く登場する食材ではありますが、鮭の缶詰でも手軽にアスタキサンチンを摂取できるため、上手に利用すると良いでしょう。身近な食材であるため、比較的頻繁に食べているという人も多いのでは。普段鮭を食べないという人は、意識して摂取することをおすすめします。

アーモンド

アーモンドにはビタミンEが多く含まれており、目に良いとされています。このビタミンEは抗酸化作用が多く含まれており、目の健康を保ちたいと考えている場合にも多く摂取したい食品。毎日20〜25粒摂取することによって体の老化を防いでくれるため、目の老化や老眼の予防にもつながると言われています。

摂取する際には、素焼きのものを選ぶことがポイント。塩分が含まれているものを毎日摂取すると塩分方になってしまい逆に体に良くありません。パッケージに「塩分不使用」と記載されているものを選ぶようにしてください。

卵も目に良いとされているルテインとゼアキサンチンを多く含み、目に良いと言われている食品です。このルテインとゼアキサンチンが光から目を守ることにより、目の健康をキープすることができます。

卵は私たちの生活にとても身近な食品なので、毎日朝に食べている、という人も多いでしょう。この卵に含まれるルテインとゼアキサンチンは体が吸収しやすいと言われているため、普段食べる習慣がない人は、少し意識して卵を食べてみてはいかがでしょうか。この2つの他にも、卵は非常に多くの栄養素が含まれています。目玉焼き、スクランブルエッグ、ゆで卵の他にもさまざまな料理に使うことができる優秀な食材なので、毎日の食生活に取り入れるのはとても簡単だと言えるでしょう。