ロートV5粒ロート製薬

   

公式サイトへ>>

えんきんファンケル

   

公式サイトへ>>

ブルーベリーアイ PROわかさ生活

   

公式サイトへ>>

見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

老眼でゲームが楽しめない…解決法はある?

目のピント調節がうまくできなくなると新聞や本が読みにくくなるという話をよく耳にしますが、ゲーム好きにとっても大きな悩みのタネでもあります。この記事では、老眼でゲームをするのが辛い人の声や、老眼を予防するための対策について紹介します。

老眼でゲームをするのは一苦労…

細かい文字やマップを見ながらゲームをするのは、目に大きな負担をかけています。そこに老眼の症状が加わってくると、「細かいマップが見えない」「文字が見えない」といった悩みが出てきがち。実は老眼でゲームをするのはとても大変です。

「今は忙しいから定年退職した後にゲームを目一杯楽しもう」という方もいるかと思いますが、いざ時間ができたときには老眼が進んでゲームを楽しめない…という可能性もあることは覚えておきたいものです。

老眼で苦労している方の声

SNSを調査すると、「老眼でゲームをするのが辛い」という声をちらほら見かけます。そんな声の中からいくつかご紹介していきましょう。

このように、老眼の影響でゲームをプレーするのが辛いと感じている人は意外と多いようです。

ゲーム好きのための老眼対策

では、目の負担を軽減しながらゲームを楽しむにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、簡単にできる老眼対策をご紹介します。

見る物から距離をとる

近くのものばかり見ているとどうしても目に負担がかかってしまいます。そのため、少しでも見るものから距離をとるように癖をつけてみてください。距離をとるときには5cmでも良いので、少しでも離すことができればその分目の疲労を和らげられます。

パソコンやスマホのブルーライトをカット

パソコンやスマートフォンから出てくるブルーライトをカットするのもひとつの対策。手っ取り早いのはブルーライトカットメガネをかけて作業をすることです。また、スマートフォンにブルーライトをカットする機能がついているものもありますので、積極的に利用してみてください。

長時間のパソコン作業の際には休憩を

長時間のパソコン作業を継続するときには、一定時間作業したら休憩する癖をつけましょう。目安として60〜90分作業を行ったら10〜15分休憩して目を休めることを心がけてください。どうしても集中していると休憩せずに作業を継続しがちですが、タイマーをかけるなどして休憩時間を忘れないように工夫してみるのがおすすめです。

1メートル以上遠くを見て目を休める

休憩の時や目が疲れたなと感じるときには、遠くを見るようにすると目の疲れが和らぎます。遠くを見ることで固まってしまっていた毛様体筋をリセットでき、ピントを合わせやすくなるためです。

サプリを活用する

どうしても目の疲れが取れないといった場合などには、サプリを活用するのもひとつの方法です。例えばルテインやゼアキサンチン、アントシアニンなどの成分が含まれたサプリがアイケアにはおすすめと言われています。ドラッグストアなどでサプリを探す際には、これらが配合されたものを選ぶと良いでしょう。

ゲーム好きは目の酷使に注意

目を酷使すると老眼を早める可能性があるため、ゲームを趣味にしている方は特に注意する必要があるといえるでしょう。ゲームをし続けることで目の疲れは蓄積されていきますし、日常使っているスマートフォンも細かい文字を見ることになるため、目に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、パソコンやスマホを使う時間そのものを短くしたり、上記で挙げているような対策をとるなどして目をいたわることが大切です。

ゲームは「老後の楽しみ」には不向きかも…

冒頭で述べたように、老眼の症状が出てくるとゲームのプレーが辛く感じてしまうようになります。このことから、ゲームを老後の楽しみにするのは不向きといえるかもしれません。

そのため、老眼の症状が出てこないようにするためにも今できる予防策をしっかりと行っておきましょう。さらに、「今楽しめることは今楽しむ」という点を大切にするのもおすすめです。