ロートV5粒ロート製薬

   

公式サイトへ>>

えんきんファンケル

   

公式サイトへ>>

ブルーベリーアイ PROわかさ生活

   

公式サイトへ>>

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

休日になると近くが見えにくいのはなぜ?

休日になるとどうしても目が霞んでしまう、近くが見えにくい…という症状に悩んでいる方はいないでしょうか。もしかするとそれは、週末老眼現象と呼ばれるものかもしれません。そこでこの記事では、週末老眼現象とはどのようなものなのか、その原因と予防方法などについて紹介します。

週末老眼

この悩みに関するSNS投稿

週末老眼化現象とは

週末老眼とは、「週末に近づくにつれて目の調子が悪くなる」といった状態を表します。具体的には、近いものがかすみやすい、遠くがいつもよりも見えにくい、目の疲れ(痛みや重み)を感じやすい、目が乾きやすいといった状態が見られる場合には、この「週末老眼化現象」が起きている可能性があります。

週末老眼化現象の原因

週末老眼化現象が起こるのは、毎日仕事などでパソコンやスマートフォンなどを長時間使って目を酷使していくことで起こります。疲れが溜まっていくことにより、目のピント調節機能が回復しない状態になってしまい、上で挙げたような症状が起こってきます。

また、パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトも、目に大きな影響を与えると考えられています。このブルーライトは紫外線に非常に近い性質を持っているため、目の疲れを生じさせる可能性があります。

週末老眼化現象への対策

週末老眼化現象を予防するための対策方法についてご紹介します。手軽に実践できるものもありますので、ぜひ自分ができそうなものから取り組んでみましょう。

その日のうちに目の疲れをリセットする

目を酷使する生活を続けていると、徐々に疲れが溜まってしまうもの。そのため、その日のうちに疲れをリセットすることが大切です。例えば、夜更かしをせずに早寝早起きを心がける、蒸しタオルやホットアイマスクなどを利用して目の周りを温めて、血流を促進するといったことを実践してみましょう。目の疲れを持ち越さないことが、週末老眼化現象を予防する方法のひとつです。

目薬やサプリメントの活用

ドラッグストアに行くと、目の疲れを取ると謳っている目薬を見つけることができるでしょう。例えば、ネオスチグミンメチル硫酸塩が配合されている目薬であれば、目の疲れを取る効果が期待できると言われています。

また、アスタキサンチンやルテインが含まれているサプリメントを取り入れることも有効です。これらの成分は活性酸素を取り除くと言われていますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

適宜目を休める時間を設ける

仕事などで日常的にパソコンを見続けている方も多いかもしれません。集中してパソコン画面を見ているとどうしても目の疲れがたまりがちに。そのため、定期的に目を休める時間を設けることが必要です。

例えば60分作業をしたら10分間目を休めるなど、ずっとパソコンの画面を見続けないようにする工夫が必要になってくるかもしれません。スマホのタイマー機能などを上手に使うのがおすすめです。

目の酷使に注意

現代社会はパソコンやスマートフォン、ゲームなど目を酷使するものがたくさんあります。しかし、目の疲れがたまるとさまざまな目の不調を引き起こすことにつながってしまうため、目が疲れたと感じたらすぐに休憩を入れるようにしましょう。 また、目の疲れを感じる前に、定期的に休憩をとる、毎日しっかりと睡眠をとって目を休めるなどでその日の疲れを次の日に持ち越さないことで、週末老眼現象に悩まされることも少なくなるのではないでしょうか。