ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

老眼サプリ完全ガイド ~ぼやけた世界の向こう側~ » 【PICKUPサプリ】 小林製薬の「ルテインa」口コミ大調査 » 小林製薬のルテインaに含まれる成分は?機能性表示食品の公開内容は大丈夫?

小林製薬のルテインaに含まれる成分は?機能性表示食品の公開内容は大丈夫?

小林製薬が提供しているルテインaは「視覚機能を維持する」「視界をくっきりと鮮やかにする」などに役立つサプリです。配合成分はルテインやゼアキサンチン、フランス海岸松の松樹皮エキスが配合など。そのうち、ルテインが機能性関与成分と認められています。それぞれの成分の特徴やエビデンスについて分かりやすくまとめているので、参考にしてくださいね。

ルテインαに含まれている機能性関与成分

引用元:[PDF]機能性の科学的根拠に関する点検表

商品名 ルテインa
機能性関与成分名 ルテイン
表示しようとする機能性 本品にはルテインが含まれます。ルテインには、目の黄斑部の色素量を増やすこと、コントラスト感度を正常に保ち視覚機能を維持することが報告されています。

ルテイン

ほうれん草やブロッコリー、ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。カロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持っているのが特徴。小林製薬が提供するルテインaには「マリーゴールド」という黄色い花から抽出したルテインが10mg配合されています。[注1]

ルテインの機能性

ルテインは網膜の中心部「黄斑」に多数存在しています。目の黄斑部の色素量を増やすことで、コントラスト感度を正常化。視界のぼやけを改善できます。また、紫外線やブルーライトなど目に有害な光を吸収するはたらきもあり、網膜へのダメージを軽減。さらに優れた抗酸化作用を持って、有害な光を浴びて発生した活性酸素を除去してくれます。[注2]

ルテインのエビデンス

複数の文献で視機能改善作用を確認

小林製薬は健常者を対象にしたルテインの機能性を確認するため、文献や関連研究を網羅的に調査し、分析をおこないました。

まずは717件の文献を収集。そのなかから「健常者または視機能の軽度低下がみられる方を対象にしているか」「ルテインのみを配合したサプリメントを使用しているか」「ルテインを投与しない場合との比較をおこなっているか」「視機能関連に対する評価を検証しているか」といった観点から文献を絞り込み、最終的に5件の論文データを分析しています。

最終的に用いた5件の論文のうち、黄斑の色素量が増加したという結果が3件、コントラスト感度の改善がみられたという結果が2件ありました。さらに、視力の改善が見られたという報告もあったそうです。

結論として、複数の文献でルテインの「コントラスト感度の改善効果」が認められました。一貫した結果から、ルテインには視機能を改善する機能性があると判断。ルテインを配合したサプリ・ルテインaを機能性表示食品として2015年に消費者庁に届け出を提出し、承認されています。[注2]

180万袋を超える流通実績から安全性にも問題ないと判断

小林製薬ではルテイン10mgを配合したサプリメントを平成16年から約180万袋販売しています。そのあいだ、健康被害につながるような危険性・副作用は報告されていません。

また、国立健康・栄養研究所でも「通常の食品に含まれる量を経口で適切に摂取する場合は、おそらく安全と思われる」と記載されています。[注3]

小林製薬のこれまでの流通実績および公的機関のデータと合わせて、安全性は問題ないと言えるでしょう。

ルテインaに含まれているその他の成分

ゼアキサンチン

カロテノイドの一種で、「抗酸化作用によって、加齢黄斑変性症といった老化にともなう眼病を予防する」「目のコントラスト感度を正常にする」など、ルテインと似た作用を持つ成分です。

ゼアキサンチン2mgとルテイン10mgを継続的に摂取すると、黄斑の色素密度が上昇することが、米国ジョージア大学の研究によって証明されています。色素量が増えると目のコントラスト感度が高まり、視界のぼやけが改善されるのです。

また、加齢黄斑変性症患者4,000名を対象にした大規模な臨床試験で「ゼアキサンチン2mgとルテイン10mgを摂取すると、病気の進行が抑制された」という結果も。眼病予防だけでなく、進行の抑制にも優れた効果を発揮することが明らかになりました。[注4]

さまざまな臨床試験では「ゼアキサンチン2mgとルテイン10mg」の組み合わせが用いられています。小林製薬のルテインaもこの組み合わせを採用。ただ、機能性関与成分として届け出が出されているのはルテインのみで、ゼアキサンチンは機能性関与成分ではありません。

フランス海岸松樹皮エキス

松の木から抽出された松樹皮エキスには、抗酸化作用を有するフラボノイドが含まれています。とくにフランス南西部の大西洋沿岸に生育する松は強い紫外線に負けないよう、多くの抗酸化物質を含有しているのが特徴。小林製薬のルテインaにはこのフランス海岸松樹皮エキスが配合されています。

松樹皮エキスに含まれるフラボノイドのなかでも、とくに注目するべき抗酸化物質は「プロアントシアニジン」という成分。ビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍の抗酸化作用を持つという研究結果があり、ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンよりも優れた抗酸化物質です。[注5]

目が老化するのは、目の細胞を酸化させてしまう「活性酸素」が主な原因です。体内では過剰な活性酸素から身を守る防御システムがはたらいていますが、加齢にともなってその機能が低下してしまいます。

抗酸化物質は、活性酸素を除去してくれる成分です。加齢黄斑変性症や白内障など、加齢にともなう眼病を予防するはたらきがあります。老眼を食い止める、心強い味方と言えるでしょう。

参照元サイト一覧

[注1]…小林製薬:ルテインa

[注2]…[PDF]販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

[注3]…[PDF]安全性評価シート

[注4]…[PDF]機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠

[注5]…日本サプリメント協会:松樹皮(フランス海岸松樹皮)