ロートV5粒ロート製薬

   

公式サイトへ>>

えんきんファンケル

   

公式サイトへ>>

ブルーベリーアイ PROわかさ生活

   

公式サイトへ>>

見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

機能性表示食品「め・まもーる」に含まれる成分は?

株式会社えがおのアイケアサプリ「め・まもーる」について、機能性表示食品として届出がされている内容にもとづき、機能性関与成分「ルテイン」の特徴や、その他の含有成分などの内容を紹介しています。アイケアサプリを比較検討する際の参考にしてください。

め・まもーるに含まれている機能性関与成分

引用元:機能性表示食品の届出情報検索:様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)[※注1]

商品名 め・まもーる(えがお)
機能性関与成分名 ルテイン
表示しようとする機能性 本品にはルテインが含まれます。ルテインは、ぼやけを解消しはっきりと見る力を助け、年齢とともに減少する黄斑部の色素を補う働きで光の刺激から目を保護することが報告されています。

ルテインとは?

め・まもーるの機能性関与成分である「ルテイン」は、自然界に広く存在している黄色の色素であり、人間の目の中に元から存在している物質です。また、ルテインは紫外線やブルーライトなど、光刺激によるストレスを緩和することが知られており、「天然のサングラス」と呼ばれることもある点が特徴です。[※注1, 2]

ルテインは加齢など様々な理由によって体内から減少し、ルテインの減少は目の不調や疾患などのリスクにつながると考えられている一方、ルテインは体内で合成できないという点も見逃せません。そのため、ルテインは日常の食事やアイケアサプリの使用などによって、体内へ摂取していくことが大切とされています。[※3]

ここでは改めてルテインの特徴や、ルテインが目の健康へ関与すると示唆する科学的根拠(エビデンス)などについて解説していますので、内容を把握しておきましょう。

ルテインの機能性

消費者庁へ届出されている基本情報を参照すると、め・まもーるの機能性として、視界のぼやけを解消させて、ものがはっきりと見えるようにサポートするとされています。また、加齢に伴って減少する黄斑部の色素を補助して、光ストレスから目を保護すると報告されていることもポイントです。

め・まもーるのルテインは、マリーゴールドを原材料とした天然由来成分であり、安全性についても検証されています。

め・まもーるを使った安全性試験では、健常な成人を対象として、1日に10粒(摂取目安量の5倍)を4週間継続して摂取した結果、安全性に関してマイナスの問題が生じなかったと報告されていることも重要です。

加えて、えがおのめ・まもーるは日本健康・栄養食品協会から健康補助食品GMP認定を受けた国内工場(三生医薬株式会社)で生産されており、既定の管理基準を満たした品質管理体制が整えられていることも見逃せません。[※注1]

ルテインのエビデンス

ルテインの摂取量に関する研究

ルテインの特性や機能性について、2014年に慶應義塾大学で実施された研究などが報告されています。この研究では55名の健常な日本人を対象として、通常の食事におけるルテイン摂取量を確認したところ、一般的に必要と考えられるルテインなどの成分量に届いておらず、普段の食事のみでルテインを十分に摂取することは困難であると示唆されました。[※3]

ルテインの有効性に関する研究

アメリカのNIH(National Institute of Health)が実施した大規模臨床試験において、およそ4千名の加齢黄斑変性を対象として、ルテインやゼアキサンチンなどを配合したサプリメントの有効性が検証されました。この結果、1日10mgのルテインと2mgのゼアキサンチンを継続摂取することで、加齢黄斑変性の進行リスクが26%低減されることが示唆されています。[※3]

また、ジョージア大学のビジョンサイエンス&ヒューマンバイオファクターラボにおいても115人の被験者を対象とした試験が行われており、ルテインの長期的な継続摂取が目の疾病リスクへプラスの影響を及ぼすことが示唆されました。[※3]

め・まもーるに含まれているその他の成分

アントシアニン

アントシアニンは青紫色の天然色素であり、植物が紫外線などのダメージから身を守るために合成している成分です。

また、アントシアニンは、抗酸化作用によって健康維持に関与すると考えられているポリフェノールの1種でもあり、アントシアニンの抗酸化作用によって眼精疲労の予防や目の健康維持に好影響を与えることが期待されています。

め・まもーるにはビルベリー由来のアントシアニンが含有されています。[※4, 5]

ビタミンB群

め・まもーるはルテインやアントシアニンの他にも、ビタミンB1やB2、B6といったビタミンB群を配合していることも特徴です。

ビタミンB群は眼精疲労の予防などをサポートすると考えられており、それぞれのビタミンに応じて作用機序が報告されています。[※6]

ビタミンB1

筋肉や神経といった組織へ作用して、眼精疲労を改善するとされています。また、不足すると眼球運動に悪影響が生じやすくなることもポイントです。

ビタミンB2

皮膚や粘膜の保護に関与する成分であり、欠乏によって眼精疲労の悪化などが懸念されます。

ビタミンB6

神経伝達物質やホルモンの生合成に関与しており、粘膜や皮膚、免疫機能などの正常な維持に影響します。ビタミンB6が欠乏すると皮膚炎や口内炎のリスクが生じる他、眼球の健康にも悪影響を及ぼすことは重要です。

ビタミンB12

筋肉や神経へ影響するビタミンBであり、粘膜の機能を正常に保つために働いています。ビタミンB12の欠乏によって末梢神経障害のリスクが高まることも無視できません。

参照元サイト一覧

[注1]…機能性表示食品の届出情報検索:様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

[注2]…わかさの秘密|ルテイン

[注3]…「機能性表示食品におけるルテインとゼアキサンチンの科学的根拠」,橋本正史[pdf]

[注4]…株式会社えがお|株式会社えがお公式通販

[注5]…わかさの秘密|アントシアニン

[注6]…第一三共ヘルスケア「くすりと健康の情報局」|眼精疲労の対策