ロートV5粒ロート製薬

   

公式サイトへ>>

えんきんファンケル

   

公式サイトへ>>

ブルーベリーアイ PROわかさ生活

   

公式サイトへ>>

見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

アイケアサプリ完全ガイド ~ぼやけた世界の向こう側~ » 【PICKUPサプリ】ブルーベリー ミエルネ(機能性表示食品) » ブルーベリー ミエルネに含まれる成分は?機能性表示食品の公開内容は大丈夫?

ブルーベリー ミエルネに含まれる成分は?機能性表示食品の公開内容は大丈夫?

このページでは、ファンケルのアイケアサプリや老眼サプリとして注目されている機能性表示食品「ブルーベリー ミエルネ」について、配合されている機能性関与成分の特徴や期待されている効果の根拠などをわかりやすく解説しています。

ブルーベリー ミエルネに含まれている機能性関与成分

引用元:機能性表示食品の届出情報検索:様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)[※1]

商品名 ブルーベリー ミエルネ
機能性関与成分名 ビルベリー由来アントシアニン
表示しようとする機能性 本品にはビルベリー由来アントシアニンが含まれます。ビルベリー由来アントシアニンは、スマートフォンやパソコンなどを使用する際に、一時的に低下しがちな目のうるおい感の維持や目の焦点を合わせやすくすることによって、目の疲労感の緩和に役立つことが報告されています。

ビルベリー由来アントシアニンとは?

ビルベリーはヨーロッパや北米、アジアなどに生息する果実で、中世の時代からヨーロッパでは下痢や口内炎、糖尿病など様々な病気を抱える患者のために医薬品として使われてきました。また、ビルベリーはポリフェノールの1種であるアントシアニンを豊富に含んでいる果実として、アイケアサプリや老眼サプリなどの原材料として使われていることも特徴です。[※2]

ビルベリー由来アントシアニンは青色の天然色素であり、優れた抗酸化作用によって体の老化を防いだり、目の疲れを和らげたりという効果が示唆されている機能性関与成分です。

ブルーベリー ミエルネにはビルベリー由来アントシアニンが43.2mg配合されており、飲み続けることでドライアイ症状を和らげたり、目の疲労感を緩和したりというサポート効果が期待されています。[※3]

その他、ビルベリー成分は通常の果実に含まれている量を超えて長期間摂取しても、安全性に問題がないとされており、長く愛用することで効果を目指していけるアイケアサプリの成分としても魅力的であるといえるでしょう。[※2]

ビルベリー由来アントシアニンの機能性

ビルベリー由来アントシアニンは、スマホやパソコンの使用によって引き起こしやすいドライアイ症状を緩和したり、目のピント調節機能をサポートしたりする機能性を有するとして、消費者庁に届出がされています。[※1]

消費者庁への届出内容を確認すると、2018年1月までの期間に公表されているビルベリー由来アントシアニンに関連した論文のデータが参照されており、目の諸症状を和らげるだけでなく目の疲労感の回復を促すことも報告されています。

届出時点で明確にビルベリー由来アントシアニンが目の治療に効果を発揮するというデータはありませんでしたが、ポリフェノールやアントシアニンが人体に有益であると示唆するデータは複数報告されており、アイケアサプリの成分として役立つ可能性があると期待されていることがポイントです。

ビルベリー由来アントシアニンのエビデンス

ブルーベリー ミエルネに配合されているビルベリー由来アントシアニンについて、目の諸症状に関連した好意的な研究結果は複数あるものの、一方で少人数を対象とした実験が多いことから、機能性表示食品の届出時点で明確に目の症状に治療効果を発揮すると医学的には認められていません。しかし、アントシアニンやポリフェノールに関する研究は世界的に行われており、科学的に有用性を期待できるデータもあります。[※4]

Wilhelmina Kalt氏らの研究(2019年7月22日)

北米カナダ農務省に所属するWilhelmina Kalt氏らによって、ブルーベリーとアントシアニンの人体に対する健康効果が研究されました。ブルーベリーに配合されているポリフェノールの60%がアントシアニンであり、ブルーベリーの主要な健康成分はアントシアニンであるという点が重要です。

研究の結果、アントシアニンの摂取には心疾患による死亡リスクを減らし、高血圧リスクにも効果があると判明しました。また、アントシアニンには抗酸化作用や抗炎症作用、血管保護作用などがあり、2型糖尿病の患者にも有益性が示唆されています。

加えて、抗酸化作用による酸化ストレスの軽減が目の機能にも好影響を与えるとされており、抗炎症作用と合わさって網膜の恒常性を回復すると期待されたことも魅力でしょう。[※4]

その他の成分

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンの1種であり、目や皮膚の粘膜を保護して、薄暗い中で視力をサポートする栄養であるとも分かっています。また、ビタミンAが不足することで夜盲症などの視覚障害が発生することも分かっており、適切な量のビタミンA摂取は目にとって有効でしょう。[※5]

ルテイン

ルテインは人間の目の中に生まれつき存在している黄色の天然色素であり、紫外線やブルーライトといった光刺激から目を保護する成分として機能しています。また、白内障や加齢黄斑変性といった老化に伴う目の疾患リスクを下げることもポイントです。

ルテインは人体にとって重要な成分でありながら体内で生産できないため、食品やサプリで摂取することが望ましいとされています。[※6]

参照元サイト一覧

[注1]…機能性表示食品の届出情報検索:様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

[注2]…厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』eJIM|ビルベリー

[注3]…FANCL ONLINE|ブルーベリー ミエルネ

[注4]…Recent Research on the Health Benefits of Blueberries and Their Anthocyanins

[注5]…公益財団法人長寿科学振興財団健康長寿ネット|ビタミンAの働きと1日の摂取量

[注6]…わかさ生活 わかさの秘密|ルテイン