ロートV5粒ロート製薬

   

公式サイトへ>>

えんきんファンケル

   

公式サイトへ>>

ブルーベリーアイ PROわかさ生活

   

公式サイトへ>>

見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

アイケアサプリ完全ガイド ~ぼやけた世界の向こう側~ » 【PICKUPサプリ】北の国から届いたブルーベリー(機能性表示食品)の口コミ大調査 » 北の国から届いたブルーベリーに含まれる成分は?機能性表示食品の公開内容は大丈夫?

北の国から届いたブルーベリーに含まれる成分は?機能性表示食品の公開内容は大丈夫?

このページでは、老眼サプリとして八幡物産株式会社が販売している機能性表示食品「北の国から届いたブルーベリー」について、機能性関与成分の安全性や内容、その他の栄養成分の特徴などを詳しく解説しています。

北の国から届いたブルーベリーに含まれている栄養成分

[注1]引用元:消費者庁|様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

商品名 北の国から届いた ブルーベリー
成分名 ビルベリー由来アントシアニン
機能性 本品にはビルベリー由来アントシアニンが含まれるので、目の疲労感の緩和やピント調節力をサポートすることで、目の調子を整える機能があります。

ビルベリー由来アントシアニンとは?

消費者庁への届け出内容を確認すると、北の国から届いたブルーベリーには機能性関与成分として「ビルベリー由来アントシアニン」が含まれています。

ビルベリーとは、老眼サプリの原材料としても人気のブルーベリーの1種であり、野生ブルーベリーの仲間です。外見的特徴はブルーベリーと似ているものの、ビルベリーはノルウェーやフィンランドといった北欧で栽培されている果実であり、ブルーベリーよりも多くのアントシアニンを含んでいることから、ヨーロッパの中ではビルベリーエキスが医薬品として利用されていることもあります。

北の国から届いたブルーベリーに含まれている機能性関与成分「アントシアニン」は、目の疲労感やピント調節力について改善効果が期待されている栄養であり、老眼サプリの成分としても人気の栄養となっています。

八幡物産株式会社では「北の国から届いたブルーベリー」の製品化にあたって、健康な成人男女を対象としてビルベリー由来アントシアニンの機能や安全性に関する検証を行いました。その結果、目の疲労感とピント調節力について、ビルベリー由来アントシアニンを摂取した被験者の主観評価で優位な改善効果が見られたと報告されており、消費者庁にも結果が届け出られています。[注1]

ただし、日常的にテレビやパソコン、スマートフォンといった機器を使用したり、目の疲れを感じたりしている人が実験の対象となっており、普段から目に関して悩みや問題を抱えていない人に対しては同等の効果が得られないといった可能性も指摘されています。

とはいえ、健常者を対象とした実験で有益な結果が得られていることから、機能性表示を行う上での医学的根拠は担保されていると評価されました。

北の国から届いたブルーベリーには、1粒あたりおよそ60個分の野生種ビルベリーと同等とされるビルベリーエキスが配合されており、1日のサプリメント摂取目安量が1粒で良いという点も特徴です。[注2]

北の国から届いたブルーベリーに含まれているその他の成分

ルテイン

ルテインは天然色素であるカロテノイドの1つであり、抗酸化作用に優れているとされる黄色の栄養成分です。ルテインは生まれつき人の瞳に存在している成分であり、太陽光に含まれる紫外線やパソコン画面から発せられるブルーライトなど、光刺激を緩和して瞳へのダメージを軽減するために働いています。そのため、ルテインは「天然のサングラス」と呼ばれることもある成分です。

ルテインの特徴として、人の体内に元々ある栄養成分でありながら、人体が自ら合成できないということも重要です。体内で産生できないからこそ、ルテインは外部から補給する必要があるとされており、老眼サプリなどでも活用されることが珍しくない人気の栄養となっています。[注3,4,5]

加えて、ルテインは皮膚や消化器官にも含まれる成分であり、適切な量のルテインを継続的に摂取することで、目の他にも生体の機能などの改善をサポートしてくれるかも知れません。

なお、ルテインは脂溶性であり、脂質を一緒に摂取することで吸収効率を高められることがポイントです。

EPA(イコサペント酸)

EPA(イコサペント酸)は、青魚などに含まれている多価不飽和脂肪酸の1種です。厳密には「n-3系多価不飽和脂肪酸」となっており、同様の成分にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やα-リノレン酸などがあります。

EPAは人の脳の発達や機能改善に関与したり、血管中の血液をさらさらにしたりする効果があるとされています。

EPAは腸管の中性脂肪の吸収を抑制して、さらに肝臓での過剰な中性脂肪合成を抑制することもポイントです。そのため、心臓や脳の血管系疾患の予防の観点からも注目されており、動脈硬化の予防や改善にも有益であると考えられています。[注6,7]

DHA(ドコサヘキサエン酸)

EPAと同様に青魚などに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、人が体内で合成できないn-3系多価不飽和脂肪酸の1つであり、免疫反応の調整や血管壁の修復、脂肪燃焼の促進といった機能に関与しているとされています。

また、DHAには脳の神経系に作用して情報伝達の流れをスムーズにするとされており、記憶力や認知力の改善・向上に影響すると期待されている点も特徴です。

過剰に摂取した場合、血圧の低下や出血が止まりにくくなるといったデメリットもあるため、持病のある人や投薬治療を行っている人はサプリメントの摂取前に主治医へ相談するようにしてください。[注8]

コエンザイムQ10

コエンザイムとは人体で様々な働きを支える「補酵素」であり、コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産に関与する補酵素の1つです。

エネルギーを生み出すコエンザイムQ10は、生命活動の維持をサポートする他、優れた抗酸化作用を有するために生活習慣病の予防や老化予防を目指すサプリなどに利用されています。

また、コエンザイムQ10は自らが抗酸化作用を持つだけでなく、ビタミンEなどの抗酸化ビタミンの働きを助けるため、シナジー効果を期待できることも特徴です。[注9]

参照元サイト一覧

[注1]…消費者庁|様式Ⅰ:届出食品の科学的根拠等に関する基本情報(一般消費者向け)

[注2]…八幡物産株式会社|北の国から届いたブルーベリー(機能性表示食品)(30粒入)

[注3]…Lutein and zeaxanthin supplementation reduces photooxidative damage and modulates the expression of inflammation-related genes in retinal pigment epithelial cells

[注4]…Macular pigment density changes in Japanese individuals supplemented with lutein or zeaxanthin: quantification via resonance Raman spectrophotometry and autofluorescence imaging

[注5]…Nutritional and regulatory role of branched-chain amino acids in lactation

[注6]…大正製薬|EPA(イコサペント酸)について

[注7]…大正製薬|EPA(イコサペント酸)について

[注8]…大塚製薬|DHA

[注9]…わかさの秘密|コエンザイムQ10