ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

老眼サプリ完全ガイド ~ぼやけた世界の向こう側~ » こんな症状あるあるは老眼でもおこる?

こんな症状あるあるは老眼でもおこる?

この症状は老眼のせい?

疲れ目、頭痛、肩こり、めまいなど「あるある」と感じる症状のなかに、老眼の兆候は隠れています。あなたに当てはまる症状はありますか?

いつかは訪れる「老眼」ですが、進行を食い止めることはできます。心当たりのある症状があれば、ぜひご一読ください。

近くのものが見えない

近くのものが見えないのは、老眼の初期症状。ピントを合わせる機能が低下したため、近くのものにピントを合わせにくくなるのが原因です。個人差はありますが、40歳を過ぎるころに「近くのものが見えない」という症状が現れはじめます。パソコンやスマホを長期間使用して目を酷使する生活を送っていると、20~30代から老眼の症状が現れることも。

近くのものが見えない~原因解説と対策~

頭痛や肩こりがおこる

目が原因で頭痛や肩こりがおこることがあります。老眼が進むと、なんとかピントを合わせようとして、レンズの厚さを調整する毛様体(もうようたい)という筋肉が緊張します。その結果、目が疲れてしまい、ひいては頭痛や肩こりに繋がるのです。また、老眼鏡が合っていないために目が疲れてしまうこともあります。老眼鏡は、自分の視力に合ったものを使いましょう。

頭痛や肩こりがおこる~原因解説と対策~

めまいがおこる

老眼が進行すると、めまいの症状が現れることも。度が合わない眼鏡や老眼鏡を使い続けていると、ピント調節機能に負荷がかかってしまい、めまいを引き起こします。100円ショップやコンビニで売っている安い老眼鏡は左右が同じ度数になっていますが、視力は左右で違うのが普通です。自分の目に合わないレンズはかえって目を疲れさせ、疲れ目からめまいや頭痛を引き起こしてしまいます。

めまいがおこる~原因解説と対策~

眼鏡を外すと近くが見えるようになる

眼鏡を外してはじめて近くが見えるという状態は、老眼の初期症状です。40~50代の方や、若くてもこれまでパソコンやスマホを長期間使用してきたという方に多く見られます。近視レンズは遠くを見るためのものなので、近くを見るために強くピント調節をしなければなりません。老眼になるとうまく調節できなくなるため、眼鏡をかけている状態だと近くが見えにくくなってしまうのです。

眼鏡を外すと近くが見えるようになる~原因解説と対策~

夕方になると視力が落ちている

夕方になると目がかすんでくる、という症状に身に覚えがある方は多いのではないでしょうか。一時的なものなので厳密には老眼ではないのですが、俗に「夕方老眼」と呼ばれています。細かい字やパソコンの画面をずっと見て、ピント調節をする筋肉が凝り固まったり、目が乾いたりするのが原因。老眼ではありませんが、このまま目を酷使し続けていると、40代に届く前に老眼になる可能性があります。

夕方になると視力が落ちている~原因解説と対策~