ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

頭痛や肩こりがおこる

老眼になるとなぜか頭痛や肩こりに悩まされるという方は多いようです。一体どうして、老眼が頭痛や肩こりに繋がるのでしょうか。

どうして老眼になると頭痛や肩こりに悩まされるのか

老眼には、小さな文字が見えにくくなる以外にもさまざまな症状があります。頭痛や肩こりといった一見よくある症状も、老眼の症状のひとつです。

老眼で頭痛や肩こりに悩まされている場合は、眼鏡や老眼鏡が合っていない可能性があります。特に、安い老眼鏡は左右の度数が同じなので要注意。人の視力は左右で違うものなので、度数が合わないのは当たり前です。度数の合わないメガネをかけると老眼が進行してしまうため、頭痛や肩こりに悩まされてしまいます。

「よくある症状だから」と放置するのは危険です。老眼は、進行すると白内障に発展しかねません。原因が分からない頭痛や肩こりに悩まされている方は、一度眼科の検査を受けてみてはいかがでしょうか。

頭痛を伴う老眼の種類

週末老眼・夕方老眼

老眼はピントの調節機能が衰えて、近くのものがみえにくくなる状態です。一般的には40代以降で老眼人口が増えますが、最近では20代や30代にも老眼の症状がみられるように。老眼の原因はレンズの役割を果たす「水晶体」の弾力が加齢に伴って低下したり、その水晶体を支える「毛様体筋(もうようたいきん)」が衰えてうまく水晶体を調整できなくなっていたりすることと言われています。

一方、20代や30代の人たちが抱えている問題は毛様体筋のコリが主な原因。スマホやタブレット、パソコンといった機器類を常に見ているため毛様体筋が固まってしまい、ピント調節機能が働かなくなっているのです。

週末や夕方に目のピントがなかなか合わない状態を「週末老眼」「夕方老眼」と呼びます。目を酷使すると目の疲れが蓄積し、ピント調節が難しくなっている状態です。気づかずに放っておくと肩こりや頭痛、めまい、吐き気といった体の症状につながります。1日7時間以上パソコンやモニターなどの画面を見続ける作業を行っている人は要注意。週末や夕方に目や頭の痛み、目の乾きを感じている人は週末老眼・夕方老眼の可能性があります。疲れを溜めないようリセットが大事です。

パソコンで作業をする場合は、画面の角度や椅子の位置、机の高さなどの調整に加え、作業中に姿勢を変えるだけでも改善が見込めます。作業中は瞬きが減るため、エアコンの影響を受けやすく目が乾燥しがちに。定期的に目を休めたり、点眼薬を利用したりして上手にリセットしましょう。[注1]

頭痛や肩こりの対処法は?

度数のあった老眼鏡を使う

100円ショップやコンビニで売っている安い老眼鏡は、度数を調整することができません。度数の合わない老眼鏡を使い続けると目に負担がかかってしまい、ますます老眼が進行するおそれがあります。眼鏡屋さんに相談し、自分の目に合った老眼鏡を使いましょう。

目を休ませる

頭痛や肩こりは、目を酷使することで起こる症状です。特に、仕事でPCや携帯電話・スマホを長時間見る場合は、目薬をさしたり、遠くを見たりして、意識的に目を休ませましょう。

紫外線を避ける

紫外線を浴び続けると目の網膜にダメージを与えるほか、水晶体が濁って視力が低下する白内障の引き金にもなります。視力の低下により目の疲れや頭痛といった体調不良にもつながるため、目から紫外線が入らないよう注意が必要です。外出時にはサングラスをかけたり帽子をかぶったりして紫外線を避けるようこころがけましょう。[注2]

食材やサプリメントで目の栄養を摂る

目の健康のためには、日々の食事も大切です。ビタミンB群が不足すると目が疲れやすくなります。特にビタミンB12は目のピント機能を向上させる栄養素なので、しっかり補っておきたいところ。日々の食事だけで補うのは難しいという場合は、サプリメントを利用すると手軽に摂取できるので、ぜひ試してみてくださいね。

老眼からくる頭痛や疲労を改善する成分

ここでは老眼による頭痛や眼精疲労などの解消が期待できる成分についてご紹介します。

  • ゼアキサンチン
    植物の色を構成する黄色やオレンジ、赤色色素(カロテノイド)などの一種で、トウモロコシと果物の柿に多く含まれています。ゼアキサンチンは体内で合成できないことから、食事やサプリメントなどで補給する必要がある成分です。
    サプリメントに使用されるゼアキサンチンはマリーゴールドの花から抽出・生成されています。ゼアキサンチンは人の目の網膜上にある「黄斑」と呼ばれる部分に多く蓄積。外から入ってくる有害な紫外線が網膜の奥に届いてダメージを与えないよう、目を守る働きがあります。網膜の中でも「黄斑」は映像をキャッチする大切な部分であるため、ゼアキサンチンの働きは重要です。
    ゼアキサンチンの量は加齢とともに減っていくため、放っておくと黄斑がダメージを受けかねません。視力低下による体調不良や視界が欠損する加齢黄斑変性などにつながるおそれがあります。黄斑を守り健やかな生活を送るには、食事やサプリメントでゼアキサンチンを定期的に摂取することが大切です。[注3]
  • ルテイン
    カロテノイドの一種でゼアキサンチンと同様、網膜上の黄斑で紫外線を吸収し目を守る働きがあります。また紫外線をカットして白内障のリスクを抑え、眼精疲労を予防する効果も期待できる成分です。ゼアキサンチンと同様体内で合成されないため、意識して摂取するようこころがけましょう。にんじんやカボチャ、ほうれんそうといった緑黄色野菜に多く含まれています。[注3]
  • ビタミンA
    目の粘膜を保護し、潤いを与える働きがあるビタミンA。乾燥を防ぐ役目からドライアイに有効です。ドライアイは加齢によって涙の量が減って起こるほか、長時間画面を見続けるような作業を行う、コンタクトを着用する、喫煙するといったライフスタイルが影響して起こります。進行すると視力が低下し肩こりや頭痛につながるため、環境の改善やストレッチ、ビタミンAの補給が大切です。[注4][注5]
  • アスタキサンチン
    赤色の色素でゼアキサンチン・ルテインと同様カロテノイドの一種です。一部の藻類に含まれる天然色素の一つで、鮭、エビをはじめとする魚介類に蓄積して赤色になります。アスタキサンチンは強力な抗酸化力があり、紫外線で網膜上に生じる活性酸素を効率的に除去。これにより網膜へのダメージを軽減するのです。アスタキサンチンを摂取すると血流の改善も図れるため、目の調整機能の改善や眼精疲労の軽減が期待できます。[注6]
  • ビタミンB群
    目の機能を保つにはビタミンの補給が欠かせません。ビタミンB群は目の粘膜と末梢神経を正常に保ち、眼精疲労を回復させる働きがあります。おもにビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12が有効と言われる成分です。ビタミンB1は神経と筋肉の組織に作用し、不足すると眼球運動に影響を及ぼすおそれがあるため要注意。ビタミンB群を多く含む食事を積極的に摂るようにしましょう。

作業環境を改善する

厚生労働省のガイドラインでは、データ入力・検索・照合作業・ライティング・編集・プログラミング・監視といった画面とキーボードを使用する作業者に対して、心身への負担に配慮するよう定めています。
作業しやすい椅子や台の使用、無理のない業務量、作業に合った機器・ソフトウェアの選択を行い、健康を維持しながら作業が続けるのが大切です。作業中に時々体を動かす、定期的に健康診断を受けるといったことで不調の改善が期待できます。[注7]

症状がひどい場合は眼科へ

眼科では、目に負担がかからない眼鏡の処方箋を出してくれます。処方箋を持って眼鏡屋に行き、老眼鏡を作ってもらえば目の使い過ぎによる頭痛や肩こりは軽減されるでしょう。

目の不調や頭痛・肩こりは他の眼病の前触れである可能性もあります。違和感を覚えたら、早めに眼科を受診してみてくださいね。

この記事を作るのに参考にしたサイト・文献