ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

老眼サプリ完全ガイド ~ぼやけた世界の向こう側~ » 老眼トレーニングで目を鍛えよう!

老眼トレーニングで目を鍛えよう!

老眼に効くトレーニングって?

近くの文字が読めない、ピントが合わせづらいといった症状が出てくる「老眼」。老化現象の1つとして数えられますが、実はトレーニングで改善できるのです。

ただし、目のどの部分を鍛えるかでトレーニング法を変えなければなりません。目のどんな症状が老眼につながっているのか、こちらで確認して対処法を知りましょう。

動体視力

動いているものを識別するための視力を動体視力といいます。動体視力の衰えは老化だけが原因ではありません。目の周りの筋肉「外眼筋」を鍛えれば、眼球の動きが活発になってきます。しかもトレーニング法はその場で簡単にできるものばかり。こちらでは主なトレーニング方法を2つ紹介しています。「動体視力が衰えてきた…」と気になってきた方、必見です。

動体視力のトレーニング法を見てみる

瞬間視

瞬間視は、物事を一瞬見ただけで把握・判断するのに欠かせない視力です。老眼とは関係が薄そうに感じますが、こちらも衰えると生活に支障が出てきます。とくに標識、信号の識別が必要な車の運転には欠かせません。瞬間視を鍛えるためにはどのようなトレーニングを行えば良いのでしょうか?こちらでは家でできる簡単なトレーニング法を2つ紹介。瞬間視を鍛えて、物事をパッと判断する能力を鍛えましょう。

瞬間視のトレーニング法を見てみる

ピント

目には物を見るためのピント調節機能が備わっていますが、ピント機能も加齢に伴って衰えていきます。原因は目の中にある水晶体の弾力低下。弾力を取り戻すには、水晶体を支えている毛様体筋を鍛えなければなりません。目をぎゅっと閉じる、開くという動作を繰り返して、目の周りの筋肉を動かしましょう。

目の焦点を合わせるトレーニング法を見てみる

疲労回復

目の周りの筋肉を鍛えれば、老眼が原因の症状をほぼ解決できます。しかし、筋肉の疲労が原因で老眼の症状が出ている場合は別です。いくらトレーニングをしても、目の周りの筋肉が疲れているのであれば効果は発揮されません。この場合は疲労回復を優先させましょう。

目の疲労回復トレーニング法を見てみる

眼球筋肉

目の周りには外眼筋、内眼筋、毛様体筋とさまざまな種類の眼球筋肉が張り巡らされています。これらの筋肉の衰えが老眼や視力低下などの原因につながるのです。この場合は視力矯正をしてもレーシックをしてもほとんど意味がありません。老眼予防のためにも目のコリをほぐす、筋肉を鍛えるといった方法を取る必要があります。

眼球の筋肉トレーニング法を見てみる