ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

眼球の筋肉トレーニング

視力に直接関係する眼球の周りの筋肉。ここでは、視力が低下する原因とトレーニングする方法についてまとめています。最近目の疲れが取れなくて、視力も落ちてきているという人は、ぜひチェックしてみてください。

目の機能が低下する原因

人間の目はものを見るときに、眼球の中にある水晶体の厚さを調整して目標物にピントを合わせいます。この水晶体を調節する役割を持っているのが、毛様体筋という筋肉です。

パソコンやスマホなどの画面を見ているときは、視点が一点に集中しています。このとき、毛様体筋はまったく動かないため、凝り固まってしまうのです。仕事やプライベートでパソコンをよく使う人や、スマホを四六時中操作している現代人の多くは、毛様体筋の柔軟性が失われています。

毛様体筋の柔軟性がなくなると、目標物にピントを合わせるのが難しくなったり、ピントが合うまでの時間がながくなってしまうのです。これは視力低下の初期段階で一時的なものですが、そのまま放置しておくと水晶体が戻らなくなり近視に。こうなると、遠くを見るときにピントが合わず、風景がぼやけて見えます。

目の疲れを感じたら、眼球周りの筋肉をトレーニングするといいでしょう。視力回復につながりますし、近視になるのを予防できます。

眼球周りの筋肉をトレーニングする方法

毛様体筋トレーニング

  • 目の前に人差し指を立てて、先端にピントを合わせます。
  • そのまま腕を伸ばし指先を見つめ続けましょう。
  • 指先を見つめたまま前後に腕を動かします。
  • 上記の動きをすることで意図的に毛様体筋をトレーニングできます。ポイントは片目ずつ行なうこと。1日5分前後行なうと効果的です。

八の字トレーニング

  • 眼球を八の字(∞)のように動かします。
  • そのままの状態でできない場合は、指で八の字を描くようにしてもOK。
  • 目安として1分1セットで、1日5回ほど行なってください。時間のある時に適度に行なうことが大切です。

八方向トレーニング

  • 眼球を上下左右・斜めにも動かします。
  • 順番は、上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上の流れでぐるりと一周するように、各方向を1秒間隔で視線を止めて動かしましょう。
  • 1周したら逆回転します。
  • ポイントは方向ごとに目標物を決めること。感覚でやっていると、位置がずれてしまいます。

【番外編】目をリラックスさせる

目のトレーニング後は、筋肉をほぐしてあげましょう。血流を良くすることで、筋肉の回復を早めてあげます。

  • 蒸しタオルを用意。濡らしたタオルをレンジでチンするだけで完成です。温め過ぎに注意しましょう。
  • 目を閉じてまぶた上に置き、10分ほど待ちます。
  • 蒸しタオルの温度は好みで調整してください。目の周りに炎症がある場合は、悪化するおそれがあるので避けましょう。

他にも目の周りの筋肉をサポートするアイケア方法として、目に良い成分を含んだ食材を積極的に摂るのもおすすめ。また、目に有効な成分が含有されたサプリメントを飲むのも手軽で良いでしょう。トレーニングと合わることで、より目の疲れを改善できるはずですよ。