ロートV5粒(ロート製薬)

   

えんきん(ファンケル)

   

ルテインα  (小林製薬)

   

老眼の見る力をサポートするアイケアサプリを紹介しているサイトです。

瞬間視

物事を一瞬見ただけで把握する瞬間視。一見老眼と関係がなさそうですが、この能力が衰えると生活に影響が出てきます。どんな原因で瞬間視が衰えるのか、鍛えるにはどうすれば良いのか。その方法をまとめました。

瞬間視が衰える原因とは?

瞬間視とは、物事をパッと一瞬だけ見て把握する能力のことです。この能力が高いと一瞬見ただけでもどんなものがあって、どんな状況なのかを瞬時に判断できます。日常生活でこの能力がとくに重要視されているのが車の運転。車内から一瞬で標識、信号を認識するために必要な能力とされています。

瞬間視が衰える主な原因は老化です。瞬間視が衰えると視野が狭くなり、何もないところでぶつかったり転んだりすることが増えてきます。徐々に衰えていく能力なので、深刻な状況になるまで気付けません。そのため、日ごろから瞬間視の衰えを意識しておく必要があります。

瞬間視を鍛えるトレーニング方法

瞬間視は年齢とともに衰えていきますが、トレーニングを続けていれば年齢を重ねても能力が維持できます。

ナンバータッチ

ナンバータッチはランダムに散りばめられた1~20までの数字を順番にタッチするだけのシンプルなトレーニング法です。眼球を常に動かすので、目の周りの筋肉が鍛えられます。おすすめはタイマーで時間を計りながら行うタイムトライアル。どれくらい時間がかかったかを把握でき、目標設定が立てやすくなります。

トレーニングは1回につき5セット以上が目安です。継続して続けられるよう、頻度を決めていきましょう。

「一瞬だけ見る」トレーニング

雑誌を読む時間、散歩の時間を使ってトレーニングする方法もあります。雑誌の場合は写真掲載が多い雑誌を選び、適当なページを一瞬だけ見て閉じる。その一瞬でどんな写真、イラストが使用されていたかを把握するトレーニングです。散歩中の場合はパッと一瞬だけ振り向き、どんな建物があったか、どんな人がいたかを思い出す方法がおすすめ。これらを繰り返すことで、瞬間的に物事を把握する能力が上がっていきます。

トレーニングで効果が実感できなかったら

瞬間視はトレーニングで鍛えられますが、加齢とともに能力が衰えていくことも事実。トレーニングだけで能力アップが感じられない場合は、サプリメントの併用をおすすめします。

動画を使ってトレーニング

youtubeをはじめとする動画サイトには瞬間視を鍛えるためのトレーニング動画が多数投稿されているので、これらを使ってトレーニングするのもおすすめです。流れているのを見るだけなので、気軽に試せます。

トレーニングで効果が実感できなかったら

瞬間視はトレーニングで鍛えられますが、加齢とともに能力が衰えていくことも事実。トレーニングだけで能力アップが感じられない場合は、サプリメントの併用をおすすめします。